先日、ご結婚されたお客様から
「ヘアドネーションをしたいです」
とお話しをいただきました。

ヘアドネーションとは
寄付された髪の毛で作った
医療用のウィッグを
18歳以下の子供たちに
無償でプレゼントする
ボランティア活動です。

日本では2009年
NPO法人Japan Hair Donation & Charity
(通称 JHDAC ; ジャーダック)さんが始め、
国内だけでなく海外まで
賛同美容室(協力店)が増えているそうです。

そのお客様からお話しいただくまで
このような団体のボランティアがあることは
知りませんでした。

とってもいい活動だとおもい
自分(ホスジャンプ)も少しでも
協力できればと思い
お手伝いさせていただきました。

今後、このようなお声をいただけたら
もしくは、長い髪の毛をばっさり切るようなお客様がいれば
協力していきたいなと思います。

ドナー様に代わって、カットした髪の郵送します。
※カット代は通常どおりいただきますが
 切手代や郵送費用は当サロンが負担します。

ドナーになるには条件があります。
*ウィッグに使用できる条件
①31cm以上の長さがあること。(31㎝以下は転売などで間接的に役立てています。)
②完全に乾かしてあること。(カビや雑菌の繁殖の原因になるため。)
③切り口を輪ゴム(ほどけないゴム)でしっかり束ね、同じ人の髪を一つにまとめてあること。
④引っ張っても切れない髪の毛。(カラーやパーマをされていても、特別なトリートメント処理を施して髪質を整えています。)

JHDC ヘアドネーションとは? より



先日のお客様は35センチほど。
ご一緒にいらっしゃったお母様も
今回のためにだいぶのばされてたのですが同じぐらい。
31センチ以上ってなかなか大変ですね。

image


ご協力いただける方は
ご連絡くださいね。